新築戸建ての購入時にかかる費用のすべて

新築戸建て購入をサポート!

土地はどうやって選べばいいの?

憧れの新築戸建て。
新しく綺麗な家で暮らすことが出来るのは、とても気持ちが良いですよね。
アパートや集合住宅と比べ騒音の被害は少ないことが多く、様々なライフスタイルに合わせて庭や家の造りを変えられることも大きなメリットです。

しかし、新築戸建てを手に入れるには、数千万円ものお金が必要となります。
何にどのくらいのお金が必要なのか分かりにくい上に、値段が値段なので、不安になってしまう人も多いはず。

家を建てる地域によっても値段は変動しますし、人それぞれ必要とする設備が違うため、相場が非常に分かりにくくなっています。

戸建て購入時にかかる費用は、大きく分けて「土地代」「工事費用」「税金」「その他手数料など」の4種類です。
はじめに自分が用意出来そうな予算を設定し、その中からそれぞれにかけられる金額の割合を計算すると、何にどれほどのお金がかかるのか想像しやすいでしょう。

また、住居は、購入後すぐに完成して住めるものではありません。
あらゆる業者が関わり、時間をかけて建てられていくものです。
そのため支払い方法や手数料が複雑になっており、分割した支払いを要求されます。

家を購入し、建てられるまでの段階と、それぞれの時期に必要となる費用を理解しておくと、総額の見通しがしやすいです。

さらに、不動産を所得する際には、様々な税金が発生します。
想像よりも費用がかさんでしまい、予算オーバー!なんてことにならないよう、いつまでにどのくらいのお金が必要なのか、しっかり確認しておきましょう。

おすすめリンク

TOPへ戻る