新築戸建て購入をサポート!

>

マイホーム購入に必要な費用はいくら?

良い土地の基準とは

土地を選ぶ際、はじめに目を向けたいのは地盤です。
近くに畑や田んぼがあったり、水辺の近い土地は、地盤の緩い可能性が高いようです。
地盤の緩い場所に家を建ててしまうと、災害が起きた際に危険なだけでなく、追加で工事が必要になってしまいます。
出来る限り、元から丈夫な地盤を選んだ方が無難でしょう。

また、選んだ土地はこれからずっと生活していく場所になります。
日当たりや近所の建物・騒音やにおいなど、周囲の環境は書類だけでは分からない事ばかりです。
いざ住んでみると飛行機がよく通る場所であったり、深夜の騒音が酷い…というケースも。
なるべく色んな時間帯に現地に赴き、住み続けるのに苦痛でない環境なのか、よく観察しましょう。

土地の値段は何で決まる?

一般的に一戸建て住居は、40坪前後必要とします。
一坪あたりの値段は地域によって大きく異なるので、自分の住みたい地域の相場を調べておく必要があります。

地方と都心では、驚くほど土地の値段に差があります。
都道府県別地価ランキングによると、一位の東京都が一坪当たり311万円、最下位の秋田県が6万円と、何十倍も差が開いています。
もし都会に住む事にこだわらないのであれば、地方の土地を選ぶのも手でしょう。

地域差だけでなく、あらゆる要因によって土地の値段は設定されています。
あまりにも安価なものには、書類や写真だけでは気付きにくい地盤や傾斜があったり、整地がされていないなど、安いだけの理由が必ずあります。
さらに、古い建物が残っている土地の場合、解体のための費用がかかります。

自分の生活スタイルに合った地域を選びつつ、不便な土地は選んでしまわないよう注意しましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る